2012年06月07日

美容整形でフェイスリフトをする前に

フェイスリフトの美容整形を受ける際に、気をつけたいこととは一体何でしょうか。
皮膚の弾力性を高め、たるみやしわを目立たなくするには、フェイスリフトが効果的です。
具体的には美容整形やサプリメント、ストレッチやマッサージです。
美容整形によるフェイスリフトには様々な方法があります。
サーマクールという特殊な光を使うものや、薬品を用いるフェイスリフト、
メスを使うフェイスリフトなどです。美容整形を利用せずとも、家でできるフェイスリフトがあります。
顔面のストレッチ運動で皮膚の筋肉を強くしたり、マッサージを施すなどの方法です。
元々人間は若いうちから表情筋が持っている能力の約3割程度しか使っていないとされています。
未使用の表情筋は加齢と共に細く小さくなってしまいます。
そのため、フェイスリフトのために表情筋を鍛えるという方法が有効です。
口のはしに力をこめ、頬全体を引き上げる運動がよく知られています。
右の口角と頬を上げて数秒間持続し、次に左の口角と頬を上げ同じように数秒間持続。
左右繰り返し、それぞれ10回を目安に行うという内容です。
リンパマッサージで顔面のリンパの流れを促進し、
老廃物の排出を促すという方法も効果があるといいます。
顔にもリンパの流れが多く集中しているため、
頬のたるみやフェイスラインを上げるフェイスリフト効果が期待出来るとされています。
メスを用いた美容整形で、即効性のあるフェイスリフトを行うというやり方もあります。
ですが、表情筋やリンパ腺のマッサージで頬だけでなく顔全体を引き締めることが可能です。
毎日コツコツとマッサージや顔面エクササイズをすることで、
3年後、5年後の肌のフェイスリフト効果があるといいます。
美容整形の前に家でできることを試してみてください。
posted by あき at 20:20| フェイスリフトと美容整形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。